広島・宮崎で雛人形の販売

【端午の節句コラム】五月人形の由来と歴史

五月人形は日本の伝統的な行事

五月人形は、日本の伝統的な行事の一つであり、男の子の成長を祝う意味があります。この行事は、5月5日の端午の節句に行われます。五月人形は、武将の甲冑を模したおもちゃで、江戸時代に始まったとされています。当時は武士階級が栄えていたため、武士の子供たちに好まれていました。その後、庶民にも広がり、現在では多くの家庭で五月人形を飾るようになっています。

五月人形の歴史は、江戸時代の風習に遡ることができます士階級が盛んになったことで、武将の甲冑を模した人形が作られるようになり、五月人形の起源となったのです。

五月人形は、当初は1段のものが主流でしたが、江戸時代末期から2段、3段のものが作られるようになり、現在でも3段が一般的です。最上段には武将の兜(かぶと)が飾られ、次の段には鎧(よろい)が飾られ、最下段には大将(たいしょう)や小姓(こしょう)などが飾られます。これらの人形は、細部までこだわりがあり、非常に精巧に作られています。

五月人形の風習

五月人形には、柏餅(かしわもち)やちまき、菖蒲湯(しょうぶゆ)なども一緒に飾られます。柏餅やちまきは、武士たちが戦場で持ち歩いた食べ物であり、菖蒲湯は、疫病や災厄を避けるために入浴する風習があったため、五月人形に飾られるようになったとされています。

五月人形は、男の子の成長を祝う意味があるため、男の子が生まれた家庭では、出産祝いとして五月人形が贈られることもあります。また、家庭での五月人形の飾り付けは、地域によって様々な形式で行われており、一般的には5月初めに飾り付けをすることが多いです。しかし、最近では、五月人形の飾り付けにかかる費用やスペースの問題から、家庭での飾り付けは減少傾向にあります。

五月人形には、日本の伝統文化の一つであると同時に、男の子の成長を祝う風習としても重要な役割を果たしています。また、五月人形の飾り付けには、家族の絆を深めるという意味もあります。五月人形が描く武将たちの姿や戦国時代の歴史など、五月人形に関する知識を共有することで、家族間のコミュニケーションも深まるでしょう。

最近では、五月人形を通じて日本の伝統文化や歴史に触れることができるイベントや展示会も開催されています。また、五月人形を手作りするワークショップなども行われており、多くの人々が五月人形に興味を持ち、伝統文化に触れる機会を得ています。

五月人形は、日本の歴史や文化に深く根付いた伝統行事です。男の子の成長を祝う意味合いはもちろん、精巧な作りや歴史的な価値からも、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。

雛人形のことなら専門家にお任せ!
日本人形協会認定『節句人形アドバイザー』が
所属するたむら人形へご相談ください
TEL 082-291-0457 営業時間:9時~17時
節句人形シーズンは毎日営業!
※年末年始(12/29~1/2)を除く

たむら人形公式インスタグラム

広島本社ショールーム

>広島本社ショールームへのアクセスはこちら

 

宮崎延岡営業所

〒882-0035
宮崎県延岡市日ノ出町1丁目21-9
TEL 0982-21-1579
FAX 0982-21-8079

定休日:日曜日
※ただし節句人形(雛人形・五月人形)のシーズン中は日曜日も営業
営業時間:9時~17時
無料駐車場完備(5台)

公共交通機関でお越しの場合
〈電車〉JR延岡駅徒歩3分
>>宮崎延岡営業所へのアクセスはこちら

主要な行事

雛祭り

■3月3日
上巳の節句/桃の節句
>>雛人形の特集ページへ

こどもの日

■5月5日
端午の節句
>>五月人形の特集ページへ

お盆

■8月13日~16日
※都市部では7月13日~16日の地域もあります。
>>盆提灯の特集ページへ

記事一覧

Copyright © たむら人形 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.