広島・宮崎で雛人形・節句人形の販売

鎧・兜・鯉のぼりを飾る風習

鎧や兜を飾ること

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習と言われています。
戦いに行く前に安全を願って神社に参拝する際、鎧や兜を奉納したことに由来しています。
当時の武将にとっては自分の命を守る大切な鎧・兜であり、精神的なシンボルとして大切な宝物とされていました。

現代では鎧や兜の”自分を守る”ものという意味から、病気・怪我・事故等から子どもを守ってくれるようにという願いが込められています。

鯉のぼり

鯉のぼりは、江戸時代ごろに町人文化から生まれました。兜や鎧とはルーツが異なっています。
鯉は清流だけでなく、池や沼などの環境の悪い場所でも生息することができ、非常に生命力の強い魚と言えます。

中国の伝説「登竜門」という話に出てくる魚としても有名です。
鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという話です。
子どもがいかなる環境にも耐え、立派に成長するようにと願うための飾りが鯉のぼりです。

雛人形のことなら専門家にお任せ!
日本人形協会認定『節句人形アドバイザー』が
所属するたむら人形へご相談ください
TEL 082-291-0457 営業時間:9時~17時

広島本社ショールーム

>広島本社ショールームへのアクセスはこちら

 

宮崎延岡営業所ショールーム

〒882-0035
宮崎県延岡市日ノ出町1丁目21-9
TEL 0982-21-1579
FAX 0982-21-8079

定休日:日曜日
※ただし節句人形(雛人形・五月人形)のシーズン中は日曜日も営業
営業時間:9時~17時
無料駐車場完備(5台)

公共交通機関でお越しの場合
〈電車〉JR延岡駅徒歩3分
>>宮崎延岡営業所ショールームへのアクセスはこちら

主要な行事

雛祭り

■3月3日
上巳の節句/桃の節句
>>雛人形の特集ページへ

こどもの日

■5月5日
端午の節句
>>五月人形の特集ページへ

お盆

■8月13日~16日
※都市部では7月13日~16日の地域もあります。
>>盆提灯の特集ページへ

記事一覧

Copyright © たむら人形 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.