広島・宮崎で雛人形の販売

【端午の節句コラム】端午の節句の縁起物、鯉のぼりが持つ意味とは?

端午の節句は、日本の伝統的な行事の一つで、男の子の健やかな成長を願う節句です。端午の節句には、鯉のぼりという縁起物が必ずと言っていいほど登場します。この記事では、端午の節句に欠かせない鯉のぼりについて、その由来や意味、そして現代での飾り方について詳しく解説します。

鯉のぼりの由来

鯉のぼりは、中国から日本に伝わった縁起物で、日本での鯉のぼりの始まりは江戸時代にさかのぼります。当時、鯉のぼりは、泳ぐことによって川や海を登っていく勇気や強さ、そして成功への願いを象徴するものでした。

鯉のぼりの意味

鯉のぼりには、以下のような意味が込められています。

健やかな成長を願う

鯉のぼりは、男の子たちの健やかな成長を願って飾られます。鯉のぼりが泳ぐ姿は、男の子たちの成長を象徴しています。

家族の絆を深める

鯉のぼりは、家族の絆を深めるためにも飾られます。鯉のぼりを飾ることで、家族で一緒に楽しむことができます。

商売繁盛を願う

鯉のぼりは、商売繁盛を願って飾ることもあります。鯉のぼりは、勇気や成功への願いを象徴しており、商売繁盛に繋がると信じられています。

鯉のぼりの種類

鯉のぼりには、以下のような種類があります。

吹流し

吹流しは、鯉のぼりの先端に風袋を付けたものです。風が吹くと、風袋が膨らんで鯉のぼりが泳ぐようになります。

雲竜

雲竜は、鯉のぼりの頭部に雲の形をしたものを付けたものです。鯉のぼりが風に乗って泳ぐ姿は、雲竜が空を飛ぶように見えます。

鯉幟

鯉幟は、鯉のぼりを旗竿に立てたもので、イベントや祭りなどで使われます。

鯉のぼりの飾り方

鯉のぼりを飾る場合は、以下のような飾り方があります。

竿に立てる

鯉のぼりは、竿に立てることが一般的です。竿は、自宅の庭や屋根に立てることができます。

窓に飾る

竿に立てることができない場合は、窓に飾ることもできます。窓辺に鯉のぼりを飾ることで、家の中からも鯉のぼりを楽しむことができます。

屋外に飾る

鯉のぼりは、屋外に飾ることができます。公園や神社などで行われるイベントにも鯉のぼりが飾られます。

雛人形のことなら専門家にお任せ!
日本人形協会認定『節句人形アドバイザー』が
所属するたむら人形へご相談ください
TEL 082-291-0457 営業時間:9時~17時
節句人形シーズンは毎日営業!
※年末年始(12/29~1/2)を除く

たむら人形公式インスタグラム

広島本社ショールーム

>広島本社ショールームへのアクセスはこちら

 

宮崎延岡営業所

〒882-0035
宮崎県延岡市日ノ出町1丁目21-9
TEL 0982-21-1579
FAX 0982-21-8079

定休日:日曜日
※ただし節句人形(雛人形・五月人形)のシーズン中は日曜日も営業
営業時間:9時~17時
無料駐車場完備(5台)

公共交通機関でお越しの場合
〈電車〉JR延岡駅徒歩3分
>>宮崎延岡営業所へのアクセスはこちら

主要な行事

雛祭り

■3月3日
上巳の節句/桃の節句
>>雛人形の特集ページへ

こどもの日

■5月5日
端午の節句
>>五月人形の特集ページへ

お盆

■8月13日~16日
※都市部では7月13日~16日の地域もあります。
>>盆提灯の特集ページへ

記事一覧

Copyright © たむら人形 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.